トップページへ サイトについて 購入希望の方へ 工芸品マップ 関連リンク 工芸品マーク お問合せ




前のアイテム 次のアイテム
駿河雛人形
胸の部分の曲線がふくよかでやさしさあふれる雛人形。手の位置を決める「振り付け」は、職人の技の集約であり、個性の発揮しどころでもあるのです。
「天神様」の製作を起源とした雛人形は、今も昔も飾る人の幸せを祈りつつ愛着を込めて仕上られています。

沿革

 駿河雛人形のルーツは、桐塑(とうそ)による煉天神(土天神)という説があります。焼津市上新田の青野嘉作が、祖父三右エ門の生まれ故郷美濃国青野ヶ原から土細工師を呼び寄せ、土人形を作り出したのが始まりとされています。
 天神とは、菅原道真を模った人形のことで、当時「天神は雨降る神」として信仰され、その後、学問書道の神とした信仰に変化しました。
 江戸時代末期には衣装を着せた天神(衣装着雛天神)が作成され、現存する最古のものは嘉永6年(1853)のものがあり、「駿河雛人形」のルーツは衣装を着せた天神とも言われています。
 初期の衣装は、ビロードと言われ、朱子地のようなもので、後半分は朱通しの赤紙で袴は下までないなどの特徴があります。
 その後、節句人形として親王雛や高砂などのほか、立天神、立雛などが製作されていました。
 江戸後期には、全国各地で江戸雛と京雛に似た田舎雛が作られるようになり、当地方でも立雛天神、内裏雛、五月人形等の節句人形が作られ、その後、15人揃や風俗を反映した時代人形、武者人形といったものがつくられ、現在に至っています。

特徴

 駿河雛人形は、天神信仰に基づく「天神様」の製作を起源として始まりました。静岡においては正月、三月、五月の節句に「雛天神」を飾った風習が大きく影響しています。
 駿河雛人形の大きな特徴としては、胴体部に他地区と比較して太い藁胴が使われ、胸の部分のカーブに合わせて斜めに削られています。藁胴が使われたのは、静岡県中部地域で米が多く生産され、稲藁が入手しやすかったからと思われます。
 また、人形の衣装の上下が別になっており、この点で上下一体の京都製と大きく異なっています。このことにより、分業による生産が可能となり、静岡では量産化に成功し、人形の胴体(胴柄)生産では全国生産の約7割を占めるまでになりました。
 雛人形の製作工程には、「振り付け」といって、両手を曲げる工程があります。この作業には職人の技術が集約されており、曲げの形から誰の製作かが分かるほどで、衣装の色や柄と同様に職人の個性が発揮されています。

作品紹介

拡大 拡大 拡大
     
拡大    

工房紹介

拡大 拡大 拡大
様々な作品を展示しています。 新作にも取り組んでいます。 雛人形の墨絵。
拡大 拡大  
ひとつひとつ手書きです。 道具の数々。  
前のアイテム 工芸品マップへ 次のアイテム


このページの上へ戻る このページの上へ戻る




静岡県郷土工芸品振興会 〒420-0075 静岡市葵区五番町3-11 TEL:054-252-4924