トップページへ サイトについて 購入希望の方へ 工芸品マップ 関連リンク 工芸品マーク お問合せ




前のアイテム 次のアイテム
下田脂松細工
原料となる伊豆の海岸で切り出された黒松は、自然が描き出す美しい木目が最大の魅力。黒松の中でも脂分の多い部分を使い、透明感のある美しい木目を引き出した製品からは、木のぬくもりと職人の手作りの丁寧な仕事ぶりが伝わります。
商品リストを見る

沿革

 下田は南伊豆の温泉地であり、また日本の夜明けを告げる桧舞台となった歴史の町でもあります。黒船来航以前から、下田港は関西と江戸を結ぶ中間港として栄え、船頭歌にも"伊豆の下田に長居はおよし、縞の財布が軽くなる"と歌われています。
 港を中心に発展した下田ですが、山林資源は豊かで天城山系から切り出される材には良質なものが多く、建築・建具・家具指物用材として昔から幅広く珍重されてきました。
 伊豆の指物師達はこれらの用材でものづくりをする一方、島桑として知られる三宅・御蔵島材も加工し、桐材は会津産のものを用いていました。このものづくりに携わってきた職人達の多くは天保の頃(1830〜1843)、下田にあった加賀屋から出ているといわれます。
 加賀屋は、たくさんの職人を抱え、家具や建具を製造し、優秀な指物師を育て、世に送り出したそうです。これらの指物師の中には東京に出て修行し、江戸指物の伝統技術を習得した者もいます。
 嶋崎繁明氏の祖父である嶋崎秋吉氏も東京に出て江戸指物を修行した一人でした。

特徴

 黒松という木は木目が美しい木材ですが、木によって堅さが異なり、木目も複雑な上、始末に悪い松やに(油分)が非常に多いため、細工をするのに非常に手間がかかり、製品として作り上げるためには独特の技術が必要とされます。
 そんな黒松のなかでも特に脂分の多い部分を使うことで、作品に透明感を活かすとともに、木目の美しさが強調されます。
 全国でも黒松だけを指物として加工している工芸品は珍しく、下田脂松細工しかありません。また、細工に耐えうる良質の黒松が年々少なくなり、材料の面からも下田脂松細工は貴重なものと言えます。
 下田脂松細工は、江戸時代の下田、加賀屋から出た職人たちの優秀な技術と伊豆の山中から切り出された黒松を活かし硯箱や銘々皿、小引き出し等上品な指物細工として、後世に受け継がれています。
 これは南伊豆・下田の産業史の中で伝統の美を伝えながら脈々と現在も息衝いています。

作品紹介

下田脂松細工 嶋崎繁明 
〒415-0038
下田市大賀茂1057-2
TEL:0558-22-7489
FAX:0558-22-7489
アジロ三引出
(あじろみつひきだし)
硯箱(小)(すずりはこ)
拡大 拡大
   
小箱(小)・小箱(中) 八角棗・茶杓
(はっかくなつめ・ちゃしゃく)
拡大 拡大

工房紹介

拡大 拡大 拡大
日陰でじっくり4〜5年自然乾燥。 塗って乾燥を10数回繰り返す。 ひとつひとつ手作りです。
拡大 拡大 拡大
巧みの技を支える道具たち。 自宅兼展示場へもお越しください。 数々の力作。
商品リストを見る
前のアイテム 工芸品マップへ 次のアイテム


このページの上へ戻る このページの上へ戻る




静岡県郷土工芸品振興会 〒420-0075 静岡市葵区五番町3-11 TEL:054-252-4924