トップページへ サイトについて 購入希望の方へ 工芸品マップ 関連リンク 工芸品マーク お問合せ




前のアイテム 次のアイテム
静岡挽物
仕事に使う道具は、職人自らの手作り品。その道具を使って作られた製品からは、職人のこだわりが伝わります。
トラディショナルな作品に加え、培われた技術と現代のニューデザインを融合させたファッショナブルな新製品の開発にも取り組んでいます。
商品リストを見る

沿革

 静岡挽物の歴史は古く、銘木商の酒井米吉氏が元治元年(1864)、静岡市下石町で挽物業を開業したのが最初と言われています。
 酒井米吉氏が箱根山で足に怪我をし、たまたま通りかかった小田原の米穀商戸倉常次郎に助けられました。しかし、足の怪我はひどく、銘木商を続けることができなくなり、このため、戸倉常次郎より箱根湯本の挽物職人を紹介されて挽物技術を習得し、多くの人に技術を修得させ、現在まで伝承されていきました。
 当時は、足の力でろくろを回転させながら作業を行っておりましたが、明治30年頃より蒸気機関が導入され、静岡では明治40年頃機械化が図られ、大正3年には蒸気機関から電動機に転換されました。静岡における木工挽物旋盤の保有は、昭和20年頃までは10企業たらずでしたが、昭和25年頃から米国向けの輸出用挽物の生産が始まると徐々に増加し、30年代には保有台数も増加しました。

特徴

 私たちの身の回りには多くの挽物製品があります。例えば、木製のコマやこけし人形、コショウ挽きなど木製品で丸い物のほとんどに挽物の手法が用いられており、静岡の地場産業になくてはならないものとなっています。
 残念ながら、機械による大量生産方式が主流で、家具のつまみや足などの部品や建築用の部材などを製作する企業が多くなっています。
 基本的な手挽き技術による生産は減少傾向ですが、今でもその技術は健在で多くの素晴らしい製品を送り出しています。

作品紹介

静岡挽物組合
〒420-0003
静岡市葵区片羽町8
TEL:054-271-0502
FAX:054-271-0502
茶筒(欅) 百萬塔(桂)
拡大 拡大
   
線香入れ(欅)スリムタイプ 福うす(欅)
拡大 拡大

工房紹介

拡大 拡大 拡大
角材を回しながら削る ノミで挽(ひ)くことから挽物 まずは道具作りから
拡大 拡大 拡大
木のぬくもりと木目の美しさ 昔は大勢いた職人も今は数名程 木工教室もやってます。
商品リストを見る
前のアイテム 工芸品マップへ 次のアイテム


このページの上へ戻る このページの上へ戻る




静岡県郷土工芸品振興会 〒420-0075 静岡市葵区五番町3-11 TEL:054-252-4924