トップページへ サイトについて 購入希望の方へ 工芸品マップ 関連リンク 工芸品マーク お問合せ




前のアイテム 次のアイテム
駿河塗下駄
漆塗、蒔絵という伝統的な技法によって作り出される駿河塗下駄は、なんといっても美しい色彩とユニークなデザインがかもし出す独特の世界が最大の魅力。
現代生活の中で、「はきもの」に止まらず、装飾品としてもお楽しみいただけます。
商品リストを見る

沿革

 静岡におけるはきものの発展には漆器がその裏付けとなっており、特有の技法を応用した塗下駄で全国にその名声を高めてきました。明治の初期、下駄職人の本間久治郎は、大衆向けにつくられていた高下駄、吾妻下駄に漆塗りを試みて売り出し、これが静岡での塗下駄の発祥となりました。
 以来、東京方面での好評に支えられて地方送りも始まり、静岡といえば塗下駄といわれるほどの盛況期を迎えることとなりました。
 これには静岡の漆器は明治から大正時代にかけて輸出漆器として名をあげたのが第一次大戦後に輸出が不振になり、このために木地、塗り、蒔絵の職人たちが製造過程の似かよった塗下駄の製造に転換し、それぞれに趣向をこらした製品づくりを競ったことが発展を促す契機ともなったのです。

特徴

 駿河塗下駄には、静岡の漆器の特色である「木地呂塗」などの各種の変り塗りが応用され、蒔絵の加飾にもさまざまな創意工夫がなされ、静岡といえば塗下駄といわれる名声をさらに高めることとなったのです。
 戦後、私たちの生活様式が洋風へと変化し、また、履物の素材自体にも化学製品の進出が目覚ましく、下駄そのものの需要も減少しました。
 しかし、高級塗下駄産地静岡は、依然として全国首位の位置にあり伝統を受け継ぎながら質的な向上を目指して、年2回の履物見本市や木製はきもの新作展示会などに取り組むとともに、浴衣との連携をはかるなど、伝統の技術を活かしながら新商品の開発に努力しています。

作品紹介

静岡塗下駄工業組合
〒420-0047
静岡市葵区清閑町9-22
TEL:054-253-4917
FAX:054-253-4917
日本桐右近 漆加工
(にほんきりうこん)
日本桐 足型健康履染絵(にほんきり あしがたけんこうはき)
拡大 拡大
静岡木製はきもの商工業協同組合
〒422-8063
静岡市駿河区馬渕4-16-13
TEL:054-285-4809
FAX:054-202-0488
日本桐男カット型抜ネコ 日本桐大型呂色漆塗富士山蒔絵
(にほんきり おおがたろいろ)
拡大 拡大

工房紹介

拡大 拡大 拡大
生地屋さんで成形された白木の下駄 漆を塗って 彫って、塗って、磨いて
拡大 拡大 拡大
道具も手作り オリジナルも受けます。 大切に残したい静岡ならではの伝統工芸
商品リストを見る
前のアイテム 工芸品マップへ 次のアイテム


このページの上へ戻る このページの上へ戻る




静岡県郷土工芸品振興会 〒420-0075 静岡市葵区五番町3-11 TEL:054-252-4924