トップページへ サイトについて 購入希望の方へ 工芸品マップ 関連リンク 工芸品マーク お問合せ




前のアイテム 次のアイテム
遠州鬼瓦
遠州鬼瓦は、良質な土を使い尚かつ製作工程の中で、金ベラを使って何度も磨き上げる事で銀色の独特の光沢が生まれてくるのです。
笑う鬼面は平成になって鬼秀が思案した歴史上類のないものです。笑う鬼、怒る鬼、どことなくユーモラスな表情を見せるカッパたち共々、どの作品からも作り手の木目細やかな優しさが伝わってきます。
商品リストを見る

沿革

 静岡県での瓦製造は駿府城築城の折、三河の瓦職人が移住し、巴川(清水)の良質な粘土を原料にいぶし瓦を生産したのが始まりとされ、その後、大井川、太田川、天竜川等の良質な粘土を産出する地域が産地として発展し、特に天竜川・太田川沿岸の県西部地区の瓦は、「遠州瓦」の名で高い評価を得ました。
 「鬼瓦」は、別名「屋根留め瓦」といい、屋根の棟の両端に置く大きな瓦のことで、江戸時代以降庶民の住宅の屋根を飾るようになり、菊水、雲水、若葉、龍、古代鬼面等の紋様をし、特に鬼の顔を象って魔除けとしていました。
 名倉氏は初代勇八氏が明治初期、大東町で瓦と鬼瓦の製造を始め、2代目紋太郎氏が浜松市で、3代目秀三氏が袋井市に工房を作り、一時浜松に移ったものの、昭和21年より現在地において鬼瓦の一筋に制作し、4代目の孝氏は昭和24年から3代目に弟子入りし、現在まで鬼瓦の一筋に制作に従事をしています。

特徴

 遠州鬼瓦の大きな特徴は、地元のたんぼの床土を使っていることです。地元の床土は、太田川の沿岸で取れる粘土で、木目がこまやかで滑らかなところが特徴です。この土を使うことで「遠州鬼瓦」独特の銀色の光沢が生まれます。しかし、この土は木目がこまやかなために、焼き上げには細心の注意と人一倍の手間がかかります。
 そして、原土づくりから焼き上げまでをすべて手作業で、昔ながらの伝統的技術で製造されています。県内でも、鬼瓦を製作しているところはありますが、他県の土を使ったり、焼き上げは別のところでやっていることが多く、原料の土造りから焼き上げまで一貫して製造しているところはほとんどありません。
 手作りの鬼瓦が見られる機会は少なくなりましたが、貴重な伝統技術を絶やすことなく、あのいぶし銀の光沢を失いたくないものです。

作品紹介

鬼秀 
〒437-0065
袋井市堀越1-1-7
TEL:0538-42-2077
FAX:0538-42-2077
鬼面付表札(きめんつきひょうさつ)
拡大 拡大
   
本格鬼面(ほんかくきめん)
拡大 拡大
   
尺家紋(しゃくかもん) 彫刻飾板(かざりいた)
拡大 拡大

工房紹介

拡大 拡大 拡大
作業中の鬼秀氏 研ぎ澄まされた道具で 一筋ひとすじ真剣に
拡大 拡大 拡大
孫も修行中 徐々に温度を上げながら18時間焼く 展示即売所には数々の作品が
商品リストを見る
前のアイテム 工芸品マップへ 次のアイテム


このページの上へ戻る このページの上へ戻る




静岡県郷土工芸品振興会 〒420-0075 静岡市葵区五番町3-11 TEL:054-252-4924