トップページへ サイトについて 購入希望の方へ 工芸品マップ 関連リンク 工芸品マーク お問合せ




前のアイテム 次のアイテム
掛川手織葛布
葛布とは、山野に自生する葛の繊維を織り上げた布のことです。
掛川の葛布は、なんともいえない優雅さと、絹や麻にないやさしい落ちついた渋みのある光沢を兼ね備えています。自然をそのまま活かした感性は、和・洋問わずしっとりとした雰囲気を作ります。
商品リストを見る

沿革

 葛布とは山野に自生するマメ科の植物葛の靭皮(じんぴ)繊維を織り上げた布のこと。地元の人はカップと呼び、掛川の特産物です。掛川が葛布の特産地として歴史的に初めて認識されたのは、鎌倉時代といわれ、武士の乗馬袴地に用いられました。
 戦乱の時代には沈滞したものの、徳川の治世となると、葛布業も次第に回復し、掛川は東海道の宿場町としても栄え、時の藩主が葛布を掛川の特産品として保護奨励したこともあり、丈夫で水に強い葛布は裃地(かみしもち)や袴地、道中合羽などに珍重されました。
 明治に入ると、葛布は武家階級の転落と生活様式の急転によって大打撃を受けましたが、襖地(ふすまち)として蘇り、明治30年代、襖からヒントを得て作った壁紙が"カケガワ・グラス・クロス"として米国の壁紙界において好評を得ました。
しかし、原料の葛苧(くずお)をほとんど韓国から輸入に頼る状態であったため、昭和40年過ぎ韓国が日本への葛苧の輸出を禁止したため、掛川葛布は衰退してしまいました。現在は、素朴な民芸品の中に生き続けています。

特徴

 葛布には経糸(たていと)・緯糸(よこいと)ともに葛の繊維だけで織った布と、経糸に絹や麻や木綿を用いて緯糸だけ葛の繊維をもって織った布との2つの種類があります。
 葛の繊維だけで織ったものは野良着や袋物といった実用向きで、経糸に絹や麻や木綿を用いたものは、羽織や袴といったような晴れ着向きです。
 掛川の葛布と呼ばれるものは、この上等な布のほうで、経糸に絹や麻や木綿を用いて織られるようになったのは、遅くても鎌倉時代の初め頃ではないかといわれています。
 葛布の良さはなんといっても優雅で、渋みのある光沢です。絹や麻と違うやさしい落ち着きを持った輝きがあり、そしてなによりも剛直です。
 全行程を手づくり、昔と同じ方法で織られる葛布。これは、自然と人間の素朴な共同作業であり、私たちの先祖が残してくれた自然の中から生まれた織物の本来の姿なのです。
 この素晴らしい葛布は、たくさんの製品の中に大切に、着実に受け継がれています。

作品紹介

掛川手織葛布組合
〒436-0079
掛川市掛川551-2
掛川商工会議所内
TEL:0537-22-5151
FAX:0537-22-0954
ハンドバック・草履 お財布・札入れ・小銭入れ・印鑑入れ・めがねケース
拡大 拡大
   
団扇・扇子 掛軸・テーブルセンター
拡大 拡大

工房紹介

拡大 拡大 拡大
原料の葛つるをつぐり1本の糸へ 葛布は「かっぷ」とも呼ばれます。 昔ながらの手織りによる葛布織り
拡大 拡大 拡大
大きいものは二人がかりで 手織りの素朴な感触と自然の風合い 時の経過とともにあめ色へ
商品リストを見る
前のアイテム 工芸品マップへ 次のアイテム


このページの上へ戻る このページの上へ戻る




静岡県郷土工芸品振興会 〒420-0075 静岡市葵区五番町3-11 TEL:054-252-4924