トップページへ サイトについて 購入希望の方へ 工芸品マップ 関連リンク 工芸品マーク お問合せ




前のアイテム 次のアイテム
志戸呂焼
志戸呂焼は、渋みがあり深みがある古式豊かな風情を漂わせているのが特徴です。
この素朴な渋い色合いは、飾る花や他の器などとの取合せを苦にしません。周囲と協調しながらも存在感がある。そんな焼き物は日常のあらゆるシーンに自然にマッチしてくれます。
商品リストを見る

沿革

 志戸呂焼を残す現在の金谷地方一帯は、昔から質の良い陶土に恵まれており、志戸呂焼が誕生したといわれる室町時代前から焼き物が盛んだったらしく、多くの窯跡が残っています。当時は、自分たちで使う壺やかめ程度のものをやいていたのです。
 志戸呂焼の名前は、昔、大井川の西金谷の宿一帯が志戸呂郷と呼ばれており、そこで作られた焼き物であったことから、その地名をとって、「志戸呂焼」と名付けられたもので、後にかの小堀遠州に好まれ、"遠州七窯"の一つにも数えられ、全国的にその名が知られている焼き物です。
 その起源については、古文書や研究家によって大永年間成立説や瀬戸陶工により成立する説、慶長年間成立説などいろいろな説が語られていますが、いずれも古窯跡の実態と合致せず、はっきりと決まった定説はありません。

特徴

 志戸呂焼は15世紀後半から近世にかけて栄え、年代別には大きく三期に分けられます。
 第一期は15世紀後半で鉄釉、灰釉により天目茶碗、水注などが焼成され、第二期は16世紀後半で筒茶碗、徳利、香炉、小皿などが、第三期は17世紀前半から明治時代までとされ、黒釉を用いて壺、甕(かめ)、碗、皿などが多く生産されました。
 志戸呂焼は、大部分が褐色または黒釉を使った素朴な釉調で、いずれも古代色豊かな雰囲気を持っているのが特徴とされています。志戸呂焼に使う陶土は金谷一帯でとれ、鉄分が多く、なおかつ堅く焼けるので、湿気を嫌う茶つぼには、最適の土といわれています。
 今でも主な製品には抹茶や煎茶用の茶器が作られています。余談ですが、茶壺に適した志戸呂焼の陶土があるところにお茶の木がよく育つといわれています。

作品紹介

天真窯
〒428-0007
島田市島614-5
TEL:0547-46-0222
FAX:0547-46-0222
花生
拡大
遠州七窯 志戸呂焼
白幡鳳悦
〒428-0011
島田市番生寺60
TEL:0547-45-2874
FAX:0547-45-2874
祖母懐茶壷(そぼかいちゃつぼ)・水差・茶入
拡大
利陶窯 
〒428-0004
島田市横岡579-3
TEL:0547-45-3858
FAX:0547-45-3962
水指・茶碗・茶入
拡大
志戸呂焼遊窯
〒428-0004
島田市横岡1184-9
TEL:0547-45-3814
輪花菓子鉢(りんかかしばち)
拡大
質侶窯
〒428-0019
島田市志戸呂1069-4
TEL:0547-46-2133
FAX:0547-46-2133
くわい掛 花入
拡大

工房紹介

拡大 拡大 拡大
工房・展示直売所 隣には三段登り窯 この中で50時間焼きます。
拡大 拡大 拡大
陶芸教室もやってます。 制作風景 展示直売所
商品リストを見る
前のアイテム 工芸品マップへ 次のアイテム


このページの上へ戻る このページの上へ戻る




静岡県郷土工芸品振興会 〒420-0075 静岡市葵区五番町3-11 TEL:054-252-4924