トップページへ サイトについて 購入希望の方へ 工芸品マップ 関連リンク 工芸品マーク お問合せ




前のアイテム 次のアイテム
森山焼
素朴な味わいと豊かな芸術性を備えた焼き物、赤の表現にこだわり赤焼を得意とするもの、日本的な素朴さを民芸的に表現した焼き物、新進気鋭、芸術性に富んだ作品。
そのいずれも、明治からの技を受け継ぎ、未来へと伝統を磨いています
商品リストを見る

沿革

 森山焼は、明治42年、初代中村秀吉氏によって始められた焼物です。森山焼の名称は、森町森山の地名を取って命名され、江戸時代の優れた茶人であり遠州流茶道の開祖、小堀遠州が自ら指導し、意匠を与えて焼かせた遠州七窯の一つ、志戸呂焼の流れを汲み、現在四つの窯元があります。
 創始者、中村秀吉氏は、明治35年、当時発行された雑誌「太陽」に掲載された瀬戸の陶工藤四郎の物語を読み、感銘を受け、ここ森山の土が陶器に適していることから志戸呂より初代鈴木静邨氏を招き、陶業を始めました。
 最初は、粗陶器(土管、水瓶など)から出発し、失敗を重ねるうちに、一般家庭用の茶器、花器、酒器、食器などの小物を焼き、名を高めていきました。そして大正4年(1915)、天皇即位奉祝のために花瓶と置物を献上したところ御嘉納となり、当時としては破格の感謝状を与えられました。
 さらに研鑽を重ね良器の生産に努め、各地の陶磁器展に出品し、一段と声価を高めて「森山焼」の存在を世に知らしめることとなったのです。

特徴

 森町森山。その名にふさわしく緑に囲まれ、おだやかな風情がただよう陶芸の里。ここにある四つの窯元は、それぞれの特色ある生産・製作活動を行っています。
 古い伝統を受け継ぎ、素朴な味わいと豊かな芸術性を備えた陶器をつくり出す「中村陶房」(中村みづほ)。陶器に表現される色調を先代が生涯のテーマとし、至難の技といわれた赤の表現に成功し、これを受け継ぎ赤焼を得意とする「静邨陶房」(鈴木龍)。森山焼の日本的な素朴さ、温もりを民芸的表現により郷土のやきものとして活かしている「晴山陶房」(松井晴山)。そして、新進気鋭、芸術味に富んだ作品で手づくりの温かみを表わす「田米陶房」(田米和好)。
 明治の開窯以来、二代目、そして今、三代目へと次の森山焼の世代が着実にその技術を修得し、斬新な意匠と伝統を守る作風が磨かれています。

作品紹介

晴山陶房 
〒437-0215
周智郡森町森1611
TEL:0538-85-2382
FAX:0538-85-1000
虎斑抹茶椀(とらふまっちゃわん)
拡大
中村陶房
〒437-0215
周智郡森町森1632-2
TEL:0538-85-4611
FAX:0538-85-4611
鉄釉組鉢6客(てつゆくみばち)
拡大
田米陶房
田米陶房
〒437-0215
周智郡森町森1814-4
TEL:0538-85-4675
FAX:0538-85-4675
鉄釉煎茶器セット(てつゆうせんちゃきせっと)
拡大
静邨陶房
〒437-0215
周智郡森町森1759-3
TEL:0538-85-3536
FAX:0538-85-1343
紅彩花瓶(こうさいかびん)
拡大

工房紹介

拡大 拡大 拡大
土練り3年、 焼き5年。 皿に始まって、皿に終わる。
拡大 拡大 拡大
色付け作業中 時計のゼンマイも道具の一つ 展示販売所も併設
商品リストを見る
前のアイテム 工芸品マップへ 次のアイテム


このページの上へ戻る このページの上へ戻る




静岡県郷土工芸品振興会 〒420-0075 静岡市葵区五番町3-11 TEL:054-252-4924